制作事例紹介 / タップ穴検査装置 Tapping screw inspection

これまでに当社で製作してきた製品の一部をご紹介させていただきます。

自動タップ穴検査装置(Bee-1)用ユニット本体

自動タップ穴検査装置(Bee-1)のユニット本体を製作しました。

 詳しくはこちらから

アルミダイキャスト部品M8タップ穴サライ用特型固定式多軸ヘッド5軸

アルミダイキャスト製品のM8タップ加工後のサライ用で製作しました。

 詳しくはこちらから

タップ穴検査ユニット(HMT-P110)M6タップ穴検査テスト4(使用ゲージ:YAMAWA JAPAN製ねじ簡易検査ツール(二連ツール(通り・止まり))

タップ穴検査ユニット(HMT-P110)のM6タップ穴検査テストです。YAMAWA JAPAN製の二連ツールにて
検査しました。

 詳しくはこちらから

タップ穴検査ユニット(HMT-P110)M6×1.0通り検査テスト3(使用ゲージ:YAMAWA JAPAN製ねじ簡易検査ツール(SIT M6×1.0)

タップ穴検査ユニット(HMT-P110)にYAMAWA JAPAN製ねじ簡易検査ツール(SIT M6×1.0(通り))を
装着しタップ穴検査テストをしました。

 詳しくはこちらから

タップ穴検査ユニット(HMT-P110)M6通り止まり検査テスト2(使用ゲージ:アイゼン社製ワンウェイゲージ)

株式会社アイゼン様のワンウェイゲージ(HMT-P110仕様のコラボ商品)を装着しM6タップ穴の通り、止まり検査テストをしました。(動画あります。)

 詳しくはこちらから

多軸ヘッド・多軸ユニットのことならお気軽にお問合せください。

〒577-0843 大阪府東大阪市荒川1-12-1

mail@hikari-seiko.co.jp

お問合せ・見積依頼